ガスが溜まったお腹をへこます

オナラで溜まったお腹をへこませる

腸内環境を整えれば、お腹はへこむ

 

画像

 

最近、お腹が張って痛い。下腹がポッコリ出ている。便秘気味になっているなど、お腹にオナラが溜まっていると様々な症状を引き起こします。でも、色々と試してはみるもののあまり効果があらわれず焦ってしまう方も多いのではないでしょうか?

 

オナラは、腸と密接に関わっています。まずは、腸とオナラのことをしっかり理解してあなた自身にあった方法で取り組んでいくことが大切です。
当サイトでは、溜まったオナラを外に出し、お腹をキレイにへこませるために必要な方法をわかりやすくご紹介しています。

 

 

 

 

腸内環境と基礎代謝を鍛えてオナラを解消


画像

食べる量を減らしているのに太ってしまう方や下腹がパンパンに張って苦しいなどの症状は、腸内にオナラ(ガス)が溜まっているために引き起こります。オナラは、腸内細菌の死骸によって発生します。しかし、大腸のはたらきや腹筋の力が衰えていると排出されにくくなります。

また、基礎代謝の衰えも原因の一つ。30代を境に基礎代謝が下がっていきます。基礎代謝が下がることで1日のエネルギー消費量が低下するので肥満の原因になります。つまり、腸内にオナラが溜まった状態でお腹ポッコリっということになります。

では、どのように解決していけばよいのでしょうか?



善玉菌を増やす

画像

オナラは、腸内環境と基礎代謝の衰えによって溜まり、エネルギーも消費されにくくなるので余分な脂肪がお腹に溜まっていきます。そこでおすすめなのが善玉菌を増やすこと。善玉菌が腸内にいることで、4つのメリットがあります。

  • オナラが溜まりにくくなる
  • お通じが良くなる
  • オナラが無臭に変わる
  • 肌荒れや吹き出物ができなくなる



基礎代謝を上げる

画像

そして、同時に基礎代謝を上げること。基礎代謝とは、私たちが毎日の生活で使っているエネルギーのことです。主な基礎代謝の内訳は、以下の通りです。

  • 肝臓:27%
  • 脳:19%
  • 筋肉:18%
  • 腎臓:10%
  • 心臓:7%
  • その他:19%

この内訳をみると内臓エネルギーが多く消費していることがわかります。ここで重要なのが運動はもちろんですが内臓機能を高めることも大切になります。主に内臓機能は、食事で摂取することができます。まずは、消化活動(消費エネルギー)を増やすために3食しっかり食べること。

そして、消費しやすいように筋肉量を増やすため、タンパク質を摂取すること。しかし、タンパク質は一度に30g(豚なら豚バラ串2本)(チーズならスライスチーズ1.5枚分)までしか摂取できません。過度に摂取すると脂肪に変わってしまうので、小分けにして1日合計90gぐらいを目安に摂取していきましょう。納豆やキムチなどの発酵食品も効果的です。

運動に関しては、毎週スポーツジムに通うのは大変だと思いますので、階段の昇り降りや1駅歩くなど、日常生活の中からあなたが続けられそうな方法でまずは実践してみましょう。



オナラが溜まりやすい特徴

 

画像

 

便秘気味で吹き出物が多い

お腹にウンチが溜まっている状態だと大腸の動きが弱くなり、オナラが溜まりやすくなります。便秘気味の方は、便秘を解消することでオナラも解消していきます。また、食事や睡眠時間を取っているのに肌荒れや吹き出物が最近多くなったっという方は、腸内にオナラが溜まっている可能性があります。

 

早食いである

オナラの70~80%は空気といわれています。早食いの方は、食べ物と一緒に過度に空気を吸い込むクセがあります。食事ときによく噛んでから食べるなどの工夫をしてゆっくりと食べるクセをつけましょう。

 

運動不足である

運動不足になると筋力が衰え、消費エネルギーも低下していきます。その結果、大腸の動きが遅くなり、オナラを押し出す力も弱まっていきます。また、脂肪が燃焼しにくい体になってしまうので下腹ポッコリになっていきます。筋肉が衰えない歩数は、1日1万歩っといわれています。マンポケを付けて1万歩を目安にゲーム感覚で歩くのがおすすめです。

 

 

 

腸内環境を整える特効薬

 

画像

 

腸内環境を整えるのに最も効果的なのが善玉菌を増やすこと。善玉菌を増やすためには、栄養のある食材を摂取する必要があります。まずは、言わずと知れたヨーグルトです。しかし、継続的に取らないとすぐに体の外に排出されてしまう特徴があります。そこでおすすめなのが植物系乳酸菌。別名、野菜で作られたヨーグルトっといわれ、植物系乳酸菌は通常のヨーグルトよりも効果が強く、ずっと居座り続けてくれる。

 

また、摂取するだけでなくあなたのお腹に住んでいる善玉菌を育てる必要があります。そこで善玉菌の大好物である玉ねぎ・お酢・はちみつに含まれるオリゴ糖やグルコン酸がおすすめです。摂取することで善玉菌が育っていきます。

 

また、ショウガやにんにくもオナラを解消する食品の一つです。ショウガに含まれる辛み成分ショウガオール・ジンゲロンやにんにくに含まれるアリイン・メチインが腸内を刺激することで大腸が活発に動きオナラを排出します。にんにくのニオイが気になる方は、ショウガのみでも効果は期待できます。

 

 

トップヘ